品川区の保活記録シーズン2① 2020年4月2歳児・再び全滅

品川区の保活記録シーズン2① 2020年4月2歳児・再び全滅

こんにちは、ヒナタです。

先週、品川区の認可保育園選考結果が発表されました。詳しい状況は以下に書いていきますが、結果は

2歳児クラス 全滅

でした…本当に悲しい結果。まだ2次募集は続いていますが、状況は厳しそうです。

我が家の事情

メンバー紹介(2019年度時点の状況)

・夫:正社員フルタイム勤務中。通勤1時間。
・ヒナタ(私):2019年4月より職場復帰。正社員時短勤務中。通勤1時間。
・子供:2019年4月より認可「外」1歳児クラス入園

2019年4月の保活結果

認可保育園は全滅でしたが、幸い徒歩圏内の認可「外」保育園にご縁があり、2019年4月から通わせていただいています。0〜2歳までを対象とした小さい保育園です。

ちょっとそれますが、この「徒歩圏内」について、大人が歩く時間の3倍はかかっているのが現状です(^^;; 子供のイヤイヤ期や、「あるくの!」と言って、手を繋いで歩き始めるも途中で新たな発見(石ころとか雑草とか…)をしていちいち立ち止まったり、園に到着してからも、靴を脱いで棚にしまったり(これが意外に時間がかかる)当日の持ち物をセットしたり、先生に申し送りをしたり。。帰りは暗くなってからも「公園いく!」となったり、公園に着いたら着いたで「帰る〜(涙)」とか。色々な毎日を送っています。

保育園の送迎

我が家では、保育園の送りは夫、迎えは私という分担をしています。ただ、夫が出張に行ったり、朝早く会議があるということも、ままあり、現実的には週1〜2回は私が送り迎え両方担当。なので、保育園の預かり時間は、私1人でも送り迎えができる時間に設定しています。

2020年4月入園 認可保育園の申し込み結果

全滅でした。今回は、現在通っている認可「外」保育園という滑り止めがある状況だったので、自宅から比較的近い保育園4園記入しました。そのうち1園は新園です。

昨年から認可「外」保育園に通っているため、2点が加算され、指数は42点でした。階層は、育休時代の影響なのか、昨年よりも若干下がっていました。

個人的には、42点あるし、新園もあるので、どこかに引っかかるといいな・・と思っておりました。結果論ですが、この考えはまぁ甘かったですね・・品川区からの資料を見ると(最下指数)、42点あれば入園が確実にできそうなエリアもあるにはありました。でも私のすむエリアは本当に激戦で、43点なければ確実に入れそうにありません。毎年どこかしらに新しい保育園ができている状況ではありますが、マンションがどんどん増えて人口が増えているようで、追いついていないように思います。

2020年4月2次募集

引き続き2次募集中ですね。

品川区のホームページでも、2次の入園可能数の情報が更新されました。https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/pdf/hpg000027070_8.pdf

これを見ますと、2歳児は、区立保育園では7名、私立保育園では27名の空きがあるようです(2020/2/14時点)。

ただ我が家からもっとも近いものでも、自宅から約5kmの距離。電車で2駅+徒歩15分。自転車だと30分くらいでしょうか。

もしかすると、頑張れば通えるのかもしれませんが、子供を乗せて自転車30分(多分安全運転でゆっくり走るともっとかかる)の辛さ、多分夫は対応不可なので自分1人で対応しなければいけないこと、雨の場合に電車を降りてから徒歩15分というのが全くもって想像ができません。。

もう少し距離がある保育園で駅から近いところもあるようですが、私の通勤ルートとは違う方向で、乗り換えもある。夫は多分対応不可。これも日々の送り迎えを考えると現実的には厳しそう。。

現在の認可「外」保育園に引き続き契約できそうなので、2次募集では新たな申し込みはせずに、現在の申し込み状況(入園可能数としては「0」ですが)のまま、審査していただくことにしました。

保活シーズン3へ向けて

おそらく2次募集での入園は難しいと思われるので、2021年4月3歳児入園を目指し、保活シーズン3へ突入しそうです。現在の認可「外」保育園は2歳児クラスまでなので、もう後がありません。

まだ頭の中が整理できていませんが、いまのところ考えているのは以下の通り。

・幼稚園の預かり保育なども視野に入れて、幅広な施設を検討(送迎バスあるかもしれないけど、お迎え時は自力で行く必要ありそう)
・その中でも、どこまでも通えるか検討(電車、バス、自転車、徒歩などの総力戦。幼稚園なら送迎バスあるかもだけどお迎え時は自力で行く必要ありそう)
・その中でも、夫が送りを担当できそうな施設はどこか
・送り迎えで時間がかかりそうな状況について、私の仕事の就業時間との調整

品川区は待機児童数が少ないことで有名なようですが、区内のエリア依存性が高いように思います。

みんなが保育園の心配なしに仕事できる世の中になることを切に祈っています。