品川区の子育て支援② さわやかサービス体験記

品川区の子育て支援② さわやかサービス体験記

社会福祉法人 品川区社会福祉協議会が行なっている事業の一つに「さわやかサービス」というものがあります。品川区内に在住の協力会員の方とのマッチングで、日常の様々なお手伝いをしてくださるものです。産前産後サポートはそのうちの一つで、育児ではなく、家事のお手伝いが対象の範囲です。

以前、以下の記事でも書いたのですが、私は産後にさわやかサービスを利用させていただき、心身共に大変助かりました。マッチングなので評価は人それぞれの可能性もありますが、気になっている方はぜひ試してみることをオススメします!

なぜドゥーラじゃなく、さわやかサービスにしたのか

双方の両親が産後の手伝いに来れないだろうことと、夫が仕事で忙しく平日の戦力外であることから、ワンオペの育児が想定されていたので、産前からどのように産後の日々を乗り切っていこうかと考えを巡らせていました。

ほぼ個人事業主のドゥーラ。下調べだけで燃え尽きた・・

当初は、赤ちゃんのお世話が心配でならず、ドゥーラをお願いしようかと考えていたのですが、品川区のドゥーラ助成のHPを見に行くと、ここから選んでねと、だーっと人の名前が羅列された表が出てくるんですよね。しかもそれぞれ個人のブログとかHPとかを持っていて、個別に確認しないといけない。会社としてはキッズラインが利用できるようなのですが(2018年当時)、それもHP上で個人名がだーっと出てきてしまう。産前は時間があったので、細かく一人一人確認をしていったのですが、見れば見るほど、誰に何をお願いしたらいいのかわからない状況に陥り、まあいいか、なんとかなる!と、大雑把な性格の私は何も行動を起こさずに出産に臨みました。

産後、すぐに考えが固まった。家事をとにかく手伝って欲しい!

出産入院中に2〜3時間睡眠で赤ちゃんのお世話をする状況を肌で感じ、他人を家に呼んで沐浴の入れ方とかお世話の仕方とか、優雅に学んでいる場合じゃない。赤ちゃんのお世話は私がなんとかする。欲しいのは、休息と、自分じゃなくてもできる家事をやってくれること。すぐに考えがまとまったのでした。

さわやかサービス 申し込みの流れ

担当が間に入り、依頼者と協力者のマッチングを行う

さわやかサービスの料金は1時間800円(交通費は別途)。産後6ヶ月まで家事援助等のサービスを受けることができます。依頼者と協力者の間で問題が発生しないように、社会福祉協議会の担当の方が入ってくれるので安心です。

まず依頼者が社会福祉協議会の担当者と会い、お願いしたい内容・頻度・どのような方が良いか(男性女性の別など)のヒアリングを受けます。その内容を元に、担当の方が協力会員を探してくれます。

依頼内容は、あくまでボランティア的な家事の範囲で!

私はお風呂・トイレの掃除、床の掃除、洗濯、ゴミ出しをお願いしました。1週間に1回、1時間半です。人によっては、お買い物を頼んだり、お料理をお願いされる方もいるそうです。さわやかサービスはボランティア的な色合いが強いので、高クオリティを求めるとうまいマッチングにはつながらないと思いますし、そのような方は民間の家事代行サービスを利用されると良いと思います!

顔合わせの日に段取りを確認

私の場合、幸いすぐに協力会員の方が見つかり、顔合わせを行いました。子育てを終えられたママさんで、とても優しい方でした。依頼内容を確認した上で、早速現場(家の中 笑)の確認です。部屋の間取りや、普段使っている掃除道具・その収納場所などをお知らせしました。協力会員さんから、こんな感じで掃除していいですか〜?とか、洗濯は赤ちゃん用と大人用で分けますか〜?など、質問を受けるなどして、お互いに齟齬がないように段取りを確認しました。

この段取り確認の時点で、私の普段の家事のやり方とほとんど相違なく安心できたのと、コミュニケーションがスムーズに取れたので、是非に!と即返事でお答えしました。そして早速翌週から来ていただきました。

さわやかサービスな一日

私は週1回、午後の時間を指定して、来ていただきました。

その日は協力会員さんが来てくださる時間に合わせて、ゆっくりと身支度をし(パジャマから着替えるだけですが・・)、洗濯物を洗濯カゴに入れたりなどの最低限の準備だけしておきました。

協力会員さんがご来訪。すぐにパッパと手際よく家事を始めてくださいます。その日の家の様子を見て、今日はお風呂を中心にやってトイレの方は軽めでもいいですか?など、濃淡をつけてくれることもあり、本当に助かりました。

家事をやっていただいている間、私は赤ちゃんとゴロンとしていたり、時には授乳をしていたり、寝ていたり・・と自由に過ごさせてもらいました。何もしない間に家がどんどん綺麗になる。これってすごく気持ちの良いことです!しかも人がいるというだけで、赤ちゃんにもなぜかいつも以上に優しく接することができたのも不思議な感覚でした。

家事が終わると、その日のサービス終了の確認をし(ハンコを押すなどの事務的なこと)、おしまいです。私はその時に少しだけ雑談したりして、それも楽しいひと時でした。

まとめ

産後すぐの頃は外出ができないので、日中は赤ちゃんとずっと2人きり。夫も夜が遅かったりして、悶々とすることが多かったです。そのような中、週に1回家を綺麗にしてくれて、お話もすることができたのは、私にとってとても救いでした。悩んでいることを聞いてもらえたり、時にはそっと背中を押してもらえたり。第二の母でした。

さわやかサービスはどのような協力会員の方と巡り合うかによって、もしかすると感想は違うかもしれません。でも、慣れない子育てに奮闘する中、家事を代行してもらえ、かつ自由な時間が生まれる。これは本当に貴重です。もし2人目ができた時でもぜひ利用させていただきたいサービスです!

さわやサービス:

http://shinashakyo.jp/sawayaka/