品川区の子育て支援① 産後ケア(日帰り)を受けてきました

品川区の子育て支援① 産後ケア(日帰り)を受けてきました

品川区には様々な子育て支援事業があります。私は元来こういった自治体の事業にはあまり期待をしていなかったのですが、自分が出産・子育てを初めて経験している中で、心の支えになったものが多数あります。

今回は第一弾として、産後ケア(日帰り)事業について書きたいと思います。
※1年以上前の体験談です (^^)

産後ケア(日帰り)事業とは?

天王洲アイルにある「第一ホテル東京シーフォート」の一室で、主にママの不安解消や疲労回復、授乳方法などの相談ができます。

料金は4,000円で、11時〜15時の約4時間、ルームサービスのランチ付きです。

品川区のホームページはこちら:

https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kodomo/kodomo-ninnshinn/kodomo-ninnshinn-umaretara/hpg000033571.html

赤ちゃんの1ヶ月検診が終わったらすぐに申し込もう

こちらの事業、赤ちゃんが生後4ヶ月未満であることと、検診が終わっていることが条件になります。しかもとても人気なので、予約を取ろうと電話をしても、早くて2〜3週間後という感じです。予約時に検診が終わっているか確認されるので(おそらく検診前の予約は不可)、1ヶ月検診が終わり次第申し込みましょう!

天王洲まで行くのは面倒・・という気持ち、わかります。でもここは一歩踏み出しましょう!

私がそうだったのですが、生後1ヶ月って、24時間体制の生活が続き疲れが溜まった頃ですよね。ただでさえ疲れていて時間があれば少しでも休みたいという気持ち、わかります。しかも赤ちゃんを連れて行くなんて大変。

でも、ここは一歩踏み出しましょう。シーフォートホテルはお住いの路線によっては行きにくい場所にあります。でもタクシーで行ってしまえばいいんです。化粧なんてする必要ないです。ブラジャーしなくていいです。部屋着で行ってください!

この産後ケア、本当にリラックスできるので、疲れている時期こそ体験してみてはどうでしょうか。生後4ヶ月と言わず、検診が終わったらすぐにGOです!

その日のあれこれ

私は部屋着でブラジャーもせず化粧もせず・・慣れないエルゴの抱っこひもにとりあえず赤ちゃんをinし、オムツや着替えなどの簡単なものが入ったバッグを手に、家を出ました。

家の近くでタクシーを捕まえ、ホテルへ向かいます。行ったことのないホテルだったのですが、初めてでは少し分かりづらい場所にあったので、タクシーで行って正解でした。

ホテルの受付で産後ケア事業で来たことを伝えると、すぐにわかってもらえて、お会計をさっと済ませると、近くにいた優しそうな女性が話しかけてくれました。そう、この方が本日担当してくれる助産師さんでした。

優しい助産師さんと、非日常なホテル一室で

担当してくれた方は、大手国立病院の産婦人科に務める助産師さんでした。とても優しい雰囲気の方で話しやすかったです。

まずホテル一室に案内されます。セミダブルベッドがどーんとあるお部屋。そこに綺麗なベビーベッドが備え付けられています。部屋からの景色も良く、あぁこんなホテルに泊まって旅行したのはいつぶりかしら・・と、懐かしい気持ち。さっきまで掃除の行き届いていない家でドタバタと過ごしていたのに、急に非日常感が訪れます。

授乳方法や赤ちゃんお世話の細かいところを相談できた

お部屋では、助産師さんが泣いた赤ちゃんを抱っこしてくれたり、オムツを替えてくれたりと、お世話してくれました。こんなことお産入院時もしてもらえなかったので、返って恐縮してしまい、やりますー!と言ったのですが、まぁ休んで休んで、という感じで、ベッドに座って温かいお茶を飲ませてくれました。心すり減らしながら、母は強くならなくてはと頑張っていた日々。少しの優しさが心にしみます・・

リラックスした状態で、普段感じている不安や質問事項など色々聞いてくれました。私の場合は、授乳方法をみてもらったのと、赤ちゃんのお世話で細かいことを色々質問しました。

赤ちゃんのお世話については、新米パパママだけの家庭では知る由もなかったような、本当に当たり前の、細かいことが完全に抜けていて、おそらく助産師さんもびっくりしたとは思うのですが、丁寧に教えていただきました。例えば、鼻のゴミ(鼻くそ笑)のとり方(大人用綿棒でとる)、耳のお掃除の仕方(大人用綿棒や濡らした脱脂綿で拭いてあげる)などです。赤ちゃんのお世話を他の方がやっている様子をみたこともなかったので、助産師さんがお世話する様子を客観的にみて、こんな風にあやしてあげればいいんだとか、これくらいの強さで拭いてあげていいんだとか、みているだけで勉強になりました。きっとこういうことって、ワンオペならではですよね・・

良い眺めの中、ルームサービスをいただく 気がつくとベッドでスヤスヤ・・

お悩み事の相談が終わると、コンコンとルームサービスの方が来てくれました。確か2種類から選べたかと思います。私はサラダとパスタ、クロワッサンをいただきました。

ルームサービスが届くと、ゆっくり食べてね、と助産師さん。赤ちゃんを慣れた手つきでおくるみに包んで、1時間お散歩して来まーす、とのこと。食べ終わったら寝て休んでてねということでした。

1人で優雅にランチなんて、本当に久しぶりすぎる。しかもセミダブルベッドにゴロン。これです、私が欲しかったのはこの時間!ドゥーラとかってベビーシッターはしてもらえなくて、あくまで自分がいて教えてもらう感じ。自分の家に他人が来るという事実もあり、心のどこかではリラックスできなかったりします。

今回は1時間程度でしたが本当に貴重な時間でした。早めにランチを食べ終わると、セミダブルにゴロンとして、気がついたらスヤスヤと寝てしまっていました。

帰りにエルゴの装着方法までみてもらった

部屋のドアがガチャっとあく音で目が覚めました。助産師さんに抱っこされた我が子。なんと寝ていました・・私も気持ちよかったし、赤ちゃんも気持ちよかった。お互いにとても良い時間でした (^^)

身も心も充電済み。帰りは頑張って電車で帰ることにしました。初めての2人で電車です!慣れないエルゴを装着すると、少し位置が違っていたようで、助産師さんが細かく調整してくれました。ユーチューブで見る程度で正解がわかっていなかったので、とても助かりました!

産後ケア(日帰り)の感想

ぜひ皆さんに体験して欲しいです。外に出るのは少し億劫に思うかもしれませんが、私は訪問型の事業よりもよっぽどリラックスできると思いました。強制的に外出することで、外の風を感じ、少しだけ視野も広がりました。家に閉じこもらざるを得ない時期なので、なおさら。良い機会でした。

こちら生後4ヶ月までの1回限定ということで、確かにその時期の需要は高いと思うのですが、もう少し対象時期が広がったり、回数が増えたりとなると、日々頑張るママさんたちの助けになるのでは・・と思う次第です。品川区の方、ぜひよろしくお願いいたします!