永和 新生児用ベビーバスを使ってみた

永和 新生児用ベビーバスを使ってみた

妊娠中、または出産後まもない頃悩むのは、どのようなベビーバスを用意しようかということ。インターネットではプラスチックの桶タイプ、空気入れで膨らますフワフワタイプ、バスマットなど、実に色々な種類があふれていて選ぶのが難しい。

我が家では、友人から譲っていただいた事もあり、永和の新生児用ベビーバスを使用していました。これは上記でいうプラスチックの桶タイプです。慣れるまでは1週間程度かかってしまったのですが(そもそも新生児をお風呂に入れるという行為が大変。しかもワンオペ)、その後は使い勝手が良く、結局新生児〜生後4ヶ月まで使っていました・・!

我が家の沐浴事情

沐浴を行う場所、それはキッチンのシンク

退院後初日、試しにお風呂場にベビーバスを設置し沐浴してみたのですが、片手で赤ちゃんの首を支えた状態で屈むのは腰への負担がすごい。また片手がふさがった状態でシャワーを操作するのが意外に大変でした(シャワーの蛇口の位置と桶の位置がどう調整しても距離ができてしまい、片手がふさがったまま、不自然に上半身を持ち上げて蛇口をひねったり・・)一度トライしただけで、ワンオペでこれは無理!と根を上げてしまいました・・

そこで翌日、ベビーバスをキッチンシンクに置いてみたところ、サイズぴったり。自分の位置(上下左右)を変えることなく、お湯やベビーソープの出し入れができたのは腰に負担もなく楽でした。またシンク横のまな板などを置く作業スペースを利用して、座布団とタオルをしいた簡易ベッドを作り、沐浴後にすぐに赤ちゃんを置くことができました。タオルは、速乾性のペラペラなタオル(海のレジャーなどで使うタイプ)の上に、普通のバスタオルをしくと、座布団まで水が染み込まなかったです。

沐浴段取り

まずキッチンのシンクと台から物をどかします!当時はほとんど家事をしていなかったので、物が散乱していなかったのがある意味功を奏した形です。

次にシンクにベビーバスを設置。必要なベビーソープ、ガーゼ、手桶、保湿剤を用意するとともに、シンク横の台に赤ちゃん置き場を作ります。

お湯を溜めます。赤ちゃん用のお湯の温度は低めですぐに冷めてしまいます。そこで非エコですが、お湯を出しっぱなしにして温度をキープし、赤ちゃんを入れるほんの少し前に、栓をして溜めていました。お湯の高さはベビーバスの半分〜6割程度でしょうか。あまりいっぱい入れると溺れさせそうで怖いのでその程度にしていました。お湯を溜めた後は、蛇口をベビーバスから外してシンクの端っこで掛け流し状態に。これもかけ湯用にお湯の温度をキープしたいためです。

いよいよリビングです。新しいオムツと下着を用意します。そして赤ちゃんを裸にし、キッチンへダッシュ!(寒い時期だったので。でも何かにつまづいたりして危険のないようにネ)ベビーバスへイン!

左手で赤ちゃんの首を抑えた状態で、右手で洗います。髪の毛、顔、そして体の上面。続いて右腕にうつ伏せになるように赤ちゃんをもたれ掛けさせて、背中を洗います(これが慣れるまで大変・・初めは泣かれました)。おまたも綺麗に。最後に元の姿勢に戻してあげます。栓を抜いて、お湯が半分くらいになったところで、掛け流しにしていた蛇口をベビーバスへ向けてあげて、古いお湯を捨てながら新しいお湯を入れて、ベビーバス内のお湯を徐々に綺麗に。自分的にOkな程度にお湯が綺麗になったら、温まりタイム。沐浴時間は全行程で3〜4分です。

沐浴終了後、横の台に上げて、ささっと拭き、すぐに保湿剤を塗ります。ここでモタモタしていると、おしっこをされたり、寒くて泣かれたりするので、完璧を求めるよりは、さっと終わらせることに注力。保湿剤を全体に塗ったところで、タオルに包んでリビングへ。

リビングにて落ち着いてオムツ、下着をきせて、出来上がり!

あとは赤ちゃんの様子を見て、離れられるタイミングでキッチンの後片付けをして終了です。

慣れるまでに犯した失敗談

湯上りにひんやりビックリ泣き

キッチンの台に湯上りの赤ちゃんを置く点ですが、最初は気が利かずに、台の上にタオル2枚程度であげたことがありまして。キッチンの台って意外にひんやりしているのですね!あげた瞬間に爆発的に泣かれてしまいました・・その後、上で書いたように座布団をしくスタイルとなりました。

キッチンでおしっこピューん

キッチンの台の上での出来事。初めは、保湿剤を塗った後、オムツも下着も台の上でやっていたのですが、思いの外時間がかかってしまい、おしっこをキッチンでピューんと飛ばされてしまいました・・オムツだけならすぐに履かせられるのですが、あまり広くないキッチンで下着を着せるのはスペース的にきつくて、時間も取られてしまったのだと思います。その後は、保湿剤のみ台上で塗り、あとは慣れてるリビングで行うようになりました。

ベビーバスの中でウ○チ事件

誰しもが経験したことがあるかと思います。我が家は、退院後の初日にやられました。特に大きな対策はないのですが、今日は出てないなーという日は、少し様子を見てから入れるようにしていました。逆に出たら、じゃあすぐにお風呂!みたいな流れです。初日に洗礼を受けたものの、その後は一度も起きなかったので、あまり気にしなくてもいいかもしれないですが、かなり動揺しました。あまりに動揺して、どのように処理したのか覚えていないのですが、苦笑、すぐに赤ちゃんをお湯からあげて、タオルをかけて私が抱っこ。旦那さん(初日なので家にいた・・よかった・・)がベビーバスごとトイレへ持っていき流したような。

いつまで使える?

我が家は小さめの子だったこともあり、生後4ヶ月まで使っていましたが、大きめの子だと、2ヶ月目くらいできつくなってしまうようです。1ヶ月検診が終わったら沐浴は卒業して、一緒にお風呂に入るのが通常のようですね! ^^;; でも我が家のように4ヶ月まで使っていたツワモノもいますので、一緒にお風呂に入るのが不安!などある方は、まだ使えるうちは、無理に移行しなくてもいいかもしれません。

生後4ヶ月になり、流石に窮屈になったのをきっかけに次の一手を考えることにしました。そのお話については、また次回に・・!

まとめ

永和のベビーバス、とても使い勝手が良かったです!理由は、シンクで利用できるコンパクトさと、しっかりとした耐久性があること。余分な機能もなく、シンプルなのも好きです。