広尾の日赤医療センターでの出産体験(出産編)

広尾の日赤医療センターでの出産体験(出産編)

今回は日赤広尾での出産編です。私は帝王切開が決まっていたので、普通分娩予定の方は、ご参考までにご覧いただければと思います(緊急帝王切開という可能性もゼロではないので!)。

前回の記事はこちら↓

入院から出産までの経過

手術前日から入院

出産=手術日の前日、14時頃から入院しました。

お昼ご飯は食べてから入院するよう、事前に案内されます。その日は夜は絶食。きっとひもじくなるだろうなぁと思った私は、出産前最後だしねと奮発して、以前から行きたかったレストランのご飯+デザートを食べて病院へ行きました!入院手続き後すぐに体重測定があり、前日から2キロくらい増えていて焦りましたが(苦笑)。翌日出産なので、何も注意されませんでした♪

まさかの当日出産決定

ただ、数日前より張りが強くなっていたお腹。実はこの日は朝からお腹が少し痛かったのです。入院手続きをし、すぐにNST(ノンストレステスト、赤ちゃんの心拍とお母さんのお腹の張りを見る検査)を始めると、周期的に痛みがきていることが判明。先生と助産師さんが話し合い告げられたこと、それは「今すぐご家族を呼んでください。これから手術して赤ちゃんを出してしまいましょう」

まさかの展開に驚きました。ただ、翌日を待つと破水する可能性があり、逆子ちゃんだと危険とのこと。あれよあれよと準備が進み、入院日にそのまま出産となりました!

下半身麻酔

突然決まったお産。一度産前病棟に荷物を入れた所だったのですが、出産後は産後病棟に移動するため、手早く荷物の片付け。車椅子に乗って、分娩室へGO!(よく覚えていないのですが、着ていた服はそのままで、手術室で脱いで、後からその洋服を届けてもらったような気がします)

手術室では4名程度、先生や助産師さんがいらっしゃいました。新生児科の先生に挨拶していただき、ドラマのコウノドリの一幕がよぎります。下半身麻酔は、背中をぎゅっと丸めて腰に打たれるのですが、案外痛くなかったです!徐々に下半身全体が温かくなり、先生の「冷たいのわかりますか?」などの質問に対し、あぁ鈍感になってる・・麻酔効いているのだな!と実感。尿道に管を通す処置もしていただいたと思うのですが、いつやったかもわからず、全く痛くなかったです!なので心配しなくて大丈夫ですよ。

帝王切開も立ち会いで

日赤では帝王切開も立会い可能です。これは心強かった。麻酔などが終わり仰向けになり少し緊張していると、手術着姿の旦那さんが参上。貴重品は持ち込むようで、私の財布と携帯を持って現れた姿が、日常と非日常が混ざり合っているようでちょっと面白くて、気が和みました。

旦那さんに手を握っていてもらい、早速手術スタート。旦那さんに見えないように、私のお腹のあたりから高めにシートが張られています。始まって5分程度でしょうか、お腹のあたりを先生方がぐっと押すような感覚があり、「生まれましたよ!」

小動物のように丸まった赤ん坊が、私の胸元に届きました。あっという間の出来事でしたが、いろいろな感情がこみ上げてきて、自然に涙が溢れました。生まれてきてくれてありがとう!帝王切開も立派なお産でした。

手術後

術後3、4時間は麻酔が効いているので余裕

産後病室へ移動しました。まだ麻酔が効いているので、余裕で旦那さんと会話。赤ちゃんをひとしきり写真撮影したりして、和やかな時間でした。

麻酔が切れた後、一晩耐える!

麻酔が取れてきた後は、やはり痛かったです。ただ、痛いなーと思ってナースコールを押すと、すぐに助産師さんが痛み止めを追加!なんとか一晩乗り越えることができました。そしてこれだけは言いたい。痛いのは傷の痛みだけではなく、お腹を押されるときの痛み!定期的に助産師さんが見にきて、出血量などを確認し、お腹をぐっと押して中身(胎盤など・・!?)を出してくれるのですが、これが本当に痛かった。翌朝まで続いたのですが、まさに恐怖でした。

翌朝から普通食

二日目の朝にはなんと普通食。しかもモリモリ食べられ、我ながらあっぱれでした。おしっこの管もとり(ニュルンと痛みなしに取れました)、ベッドから起き上がってトイレへ行く練習。お腹に力が入らないので、おばあちゃんのように、腰を曲げて、一歩一歩ゆっくりと進みました。術後初めてのトイレはとても緊張しましたが、なんとか済ませられると一安心。その後、ベッド周りであれば、普通に歩いて行動できるようになりました。人間の体って本当にすごい!

友人との面会は術後4日目以降が安心

友人との面会をいつにすべきか悩む人もいると思います。私のお勧めは、術後4日目以降です。入院中は痛み止めを服用しますし、すぐに歩くように指導されるので、会うことが難しいという状況にはなりません。ただシャワーに入れるのが3日目からでしたので、友人に会うのはその後がいいなと(^^;;

正直な所、痛み自体は退院まで続きます!いろいろな動作でお腹に力がかかるもので、その度に少し痛みます。ただ、痛みの程度は人それぞれとは思いつつも、私は想像していたよりは全然大丈夫でした。痛み止めも飲めますので、痛くて生活がままならないようにはなりませんし、入院中は普通分娩のお母さん達と同じように赤ちゃんのお世話や面会などこなせますよ!